借り入れ履歴で返済が滞ると即日金融の審査に通りません

消費者金融の場合「延滞もなく完済し、解約をした」という場合でも 契約の内容に関する情報は
「契約継続中および借り入れ金額が完済された日から5年を超えない期間で 個人情報機関に保存される」と規定があります。
よって延滞なく完済していても、5年間は情報が保存されるという事です。
借り入れの際には、5年間の履歴保存も含めて「契約」したことになっているので 住宅ローンや他のローンを組むのに
不利になるからと 過去の消費者金融の履歴を抹消したいと思っても、期間中はできません。 完済から5年経過すると、利用履歴は自動消去されます。 (業者は最終取引から10年間の帳簿保管が義務づけられています。) 過去の借り入れ履歴データを閲覧(入手)したい場合、取引のあった金融業者に連絡しても 支店でその場で すぐに対応して貰える場合は少なく 本人確認や目的を尋ねられ「取引履歴開示請求書(依頼書)」の書類記入の必要が ある場合が多く 早い場合でも、開示までに数日かかる場合も多いです。 もちろん、即日金融にも審査があるのでもし滞りがある場合は審査の通貨は厳しいです。